IMG_2530

自宅での「ギックリ腰」セルフケア法

[KIZUカイロプラクティック]ギックリ腰/急性腰痛・対処法と予防法年末年始は、「ギックリ腰」を発症させる方が増えます。寒くなると余計に筋肉が固まり、ちょっとした動きで痛める方も少なくありません。お休み中、もしもの時にご参考にしてください。はじめに20分間冷却します。その後、患部...

記事を読む

G17

自宅での「寝違え」セルフケア法

[KIZUカイロプラクティック]寝違え/急性頚部痛・対処法と予防法はじめに20分間冷却します。その後、患部からはずして20分たったら再び20分間冷却してください。(20分間のインターバルをとります)この間隔で5回冷却を繰り返してください。冷却にはアイスノンや保冷剤が最適です。アイ...

記事を読む

sumaho.001

臨床ファイル:胸の痛みと腕のしびれとだるさ(変形性頚椎症)

35歳 女性 事務職症状:胸の痛みと腕のしびれとだるさ(変形性頚椎症)2年前に、会社で覗き込むような体勢(デスク環境上仕方がなかった)でPCを使用していた。徐々に体調を崩し、首から腕にかけての痛みが出現するその後、症状は悪化し、胸を刺すような痛みと呼吸が苦しくなり、右胸から腕にか...

記事を読む

smab

スマホ症候群(TBS「ビビット」取材協力)

ここ最近「スマホ症候群」についてのテレビ局からの取材が相次いでます。明日、11月26日(木) AM8:00~放送予定のTBS「ビビット」白熱ライブでも取材協力させて頂きました。なぜ、メディアが「スマホ症候群」を取り上げたいのでしょうか?それは、年々、スマホによる影響が身体の至る部...

記事を読む

4-7.jpg

ストレートネックを治すには?(エクササイズ)

ストレートネックのメカニズムについて検証してきましたが、今回は改善方法についてです。ストレートネック状態を改善するには、重要なポイントは3つ!1.体幹の軸を揃える。(足〜腰〜背中〜首〜頭)2.間違った使い方(姿勢)で固まった筋肉の緩和3.頚部の深部筋の強化まず、2の間違った使い方...

記事を読む

kkhresearch200

膝と股関節に特化したサイトをOPENいたしました!

日本人の70歳以上の95%は、膝や股関節などの変形性疾患に罹患している。*東京大学22世紀研究 コホート研究ROAD(Researchon Osteoporosis/osteoarthritisAgainstDisability)この数字を聞いた時に驚きと同時に、この数字を減らす...

記事を読む

b-sitting2

ストレートネックって治らないの?(メカニズム検証)

前回は、ストレートネックをレントゲン像で検証しました。今回は、そのメカニズムについてです。最近、患者さんからストレートネックは治らないのでは?とよく聞かれます。頚部の形状は戻らない可能性はあります。しかし、痛みや不調と直結する『機能』は戻せるのです。レントゲンでストレートネックと...

記事を読む

IMG_2275 (1)

ストレートネック研究

何回か、このブログでも取り上げているストレートネックですが、今回はレントゲンでの状態を検証してみます。なぜ人はストレートネックになってしまうのか?人間の背骨は、以下の写真のように頸椎(首の骨)は7個、胸椎(背中の骨)が12個、腰椎(腰の骨)が5個で構成されています。そのうち、頸椎...

記事を読む

96958A9F889DEBE3E3E5E1EAEBE2E1E3E2EAE0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXZZO9117415031082015000000-PN1-10

“自分を捨てる”こと。

日経新聞電子版にあった記事でとても興味深く、感心されられたインタビュー記事がありました。以下抜粋タイトル:日本で最も忙しい建築家が、資料に求める3つの鉄則⭐︎専門家の立場を捨て相手に感情移入する短い時間で相手に理解してもらうために必須なのは、“自分を捨てる”こと。相手に感情移入し...

記事を読む

14070814850032

新刊「なぜ、できる人は姿勢がいいのか?」

姿勢の大切さを伝えるのは難しい作業です。なぜなら姿勢が悪くとも、その場では痛くも痒くもないからです。特に若いうちは姿勢が悪くても、通常、障害はほとんど出現しません。(残念ながら、近年は子供でも不調が出ることも珍しくありません・・・)悪い姿勢が蓄積して、組織になんらかのダメージを与...

記事を読む

1 4 5 6 7 8 9 10 12