02

スマホで口を開けにくい、アゴが痛むって!本当?

最近、スマホのやりすぎで様々な障害で来院される人が増えていますが、気になる症状がアゴの障害です。口を開けると痛む、口が大きく開けられない一般的には顎関節症という障害ですが実は、この障害、頚椎との関連性が大きいのです。この状態が、上部交差症候群の時に起こっています。今回は、その中で...

記事を読む

IMG_2216

原宿リハビリテーション病院を見学して思ったこと

先日、銀座のよしき皮膚科クリニックの吉木先生にご紹介頂き原宿のど真ん中にある「原宿リハビリテーション病院」に見学に行ってまいりました。この病院は、リハビリに特化した病院で今年4月に開業したばかりです。開業してすぐに303床が埋まり、現在も1床しか空きがないとのことでした。患者さん...

記事を読む

reflux-11

逆流性食道炎の原因って『ぽっこりお腹』?

数年前より、おへそより上のお腹ではなく、おへそより下の下腹が出る、通称「ぽっこりお腹」な状態の方が多数来院されています。ぽっこリお腹と聞くと、一見可愛い感じですが実は、あまりよろしくない状態と言えます。なぜなら下腹が出るということは胃が下垂してその他の内臓も下垂している可能性があ...

記事を読む

IMG_8983

抗重力ランニングNo.4 (ニュートラル走法:肩甲骨編)

先日、城西高校にて抗重力ランニング走り方セミナーを開催させて頂きました。昨年12月、今年2月、4月、そして今回が4回目です。今回は、肩甲骨の使い方について講義いたしました。なぜ、今回、肩甲骨の使い方をテーマにしようとしたのか?今までに側方からと前後からの動画を数回撮っています。そ...

記事を読む

スクリーンショット 2015-07-02 23.19.54

「子供たちの姿勢」をどうにかしないといけない!その3

先日、患者さんから以下の新聞記事の切り抜きを頂きました。実は、この患者さんとは前回いらしたときに「今の子供たちの姿勢をどうにかしないとこのまま成長したら、大変なことになる!!」と丁度、話をした後だったのです。その翌日にこの記事を目にした患者さんが僕に見せたくて切り抜いて持ってきて...

記事を読む

IMG_1088

立ち方変えて、健康で綺麗でカッコよく!(ユナイテッドアローズさん編)

立ち方が綺麗だとその人の印象は?きっと健康なんだろう食事にも気を使っているだろうな~栄養バランスいいだろうな~睡眠の質も良さそうそして、仕事ができそう!そんなイメージが自然に沸いてきます。多くの人がそのような印象を持つのではないでしょうか?そこで、先日銀座にあるユナイテッドアロー...

記事を読む

IMG_1949(1)

座り姿勢コンサルティングの重要性(椅子とデスクの環境設定)

昨年から始めた「座り姿勢コンサルティングセミナー」ですが皆様のご協力により株式会社大和証券グループ様、株式会社TBSテレビ様、国際石油開発帝石株式会社様、株式会社東レ・ダウコーニング様,相模屋食料株式会社様、株式会社プラス様、株式会社NTTぷらら様、NTTコミュニケーションズ勉強...

記事を読む

186-1

子供の姿勢矯正グッズって?(浮き指、猫背、反り腰)

今朝のめざましテレビで子供の姿勢について取り上げておりました。姿勢矯正グッズ的なものを使って姿勢改善できるか?という企画でした。①まず浮き指浮き指は踵重心になり足先が浮いてしまいます。浮き指の子供たちが増えています。患者さんを見ていると、そのまま大人になっても変わらず浮き指な方も...

記事を読む

rei

美脚をゲットするには○○関節がキーポイント!

日本人に多いO脚、欧米人に多いX脚どちらかと言えば、欧米人の方がお年寄りになっても見た目は足の変形は少ない気がします。(エビデンスはありません)欧米人の高齢者は、足はスラッーとしていて上半身が広がるイメージで日本人は、下半身が広がり、上半身はそうでもないイメージがあります。「美脚...

記事を読む

IMG_1849

よくある腰痛のパターンとは?腰痛簡単セルフケア法!其の2

前々回のブログで取り上げたように腰痛は、あるパターンで発症しているケースが多いのです。そのケースというのが筋肉のアンバランスによるもので、「下部交差症候群」という状態です。この身体の特徴的なパターンを治せばいいのですが前回は Tight(固まった筋群):腸腰筋、腰部の脊柱起立筋に...

記事を読む

1 6 7 8 9 10 11 12 13