内股歩行症例

症例:内股歩きの小学校4年生(9歳)の男の子の歩行改善

来院時(2019年4月)、左動画のように内股歩行で巻き肩・猫背で左右とも内股でペタペタ歩いていまいた。猫背と骨盤の後傾と股関節の内股矯正をすることにより2ヶ月で改善いたしました。自宅でのセルフエクササイズでは、体幹を強化し、腕振りエクササイズなど背中側の筋肉の意識をさせた結果早期...

記事を読む

肩甲骨の動き

カラダの使い方による障害②『肩甲骨を動かす』

カラダの使い方による障害②『肩甲骨を動かす』巷では、肩甲骨を剥がすと肩こりや背中のこりが楽になるとか、肩甲骨を動かすと背中が美しくなるとか言われるので、ご自身でも肩甲骨を動かそうとしている方がよくおられます。実はこの肩甲骨、その背中に張り付く理由があるのです。それは、肩甲骨は胸郭...

記事を読む

IMG_9582

座り姿勢コンサルティングセミナーのご報告(7月4日)

7月4日、赤坂に本社のある「NNインベストメント・パートナーズ様向け」座り方セミナーを開催いたしました。代表取締役社長はじめ、社員様30名ほどの方に聴講して頂きました。企業向けセミナーでは事前アンケートを取らせて頂きますが、今回その結果が、症状の部分で他の企業に比べて優秀でしたの...

記事を読む

img03

巻き爪とカイロプラクティック

KIZUカイロプラクティックでは、多くの医師との連携させて頂いております。それには理由がございます。実は患者さんの症状は、様々なところに身体からのサインとして痛みや辛さをもたらせます。それは皮膚だったりします。例えば、「巻き爪」の方は皮膚科に行かれるかと思いますが、その巻き爪の原...

記事を読む

IMG_9434

KIZUカイロプラクティックグループカンファレンスについて

 KIZUカイロプラクティックグループ(本院・ANNEX・二子玉川)では、毎月定期的にカンファレンスを開催しています。主に症例ケースに関してディスカションを行い、グループ全体においての施術内容の共有とともに治療技術の向上を図っております。

記事を読む

IMG_2345

カラダの使い方による障害①『開脚』

最近は、ヨガやピラティスそしてダンスなど積極的にカラダを動かし柔軟性や体幹強化を考えている女性の方が多いのは、とてもいい傾向だと思っております。ただ、その動きの中で頑張り過ぎるのか、どこかを痛めるケースも珍しくありません。(皆様も同じ経験を一度されたことあるのではないですか?)そ...

記事を読む

IMG_9370

デスクワークにおける座り方の重要性について

一般社団法人 姿勢サイエンス協会認定第1期「座り方マスター認定講座」スタートいたしました!このクラスでは、ベースとなる解剖学・姿勢学を学び1.なぜ座り姿勢が重要なのかを知る。2.なぜ座り姿勢が悪いと害を及ぼすのかを知る。3.骨盤アーチについて理解する。4.どんな悪い座り姿勢がある...

記事を読む

3d illustration male running pose with x-ray skeleton joint, medical concept.

症例報告:足の付け根の痛み(五十股・ごじゅうまた)

「五十肩」という障害はよく耳にされるかと思いますが、近年はこの「五十股」でお悩みの方が増えていると感じます。やはり座り時間が長くなっていることが一因と考えられます。50代 男性 会社経営症状:2−3ヶ月前から、座って歩き出しに左股関節に痛みを感じるようになり、徐々に痛みが強くなり...

記事を読む

IMG_9277

Break-time [梅雨]

街に紫陽花が咲き始めると梅雨を連想します。また今年も紫陽花が綺麗に咲き始めました!あじさいを漢字で書くと『紫陽花』ですが、この“あじさい”という名前は、一説には『真の藍色の花が集まり咲くこと』という意味からきています。あじさいの学名は『ハイドランジア(Hydrangea)』といい...

記事を読む

Leg exercise. Silhouette of fit female doing squats exercise outdoors.

根拠ある姿勢を伝える

「日本人を健康でカッコ良くする!」このミッションについては、開業当時からずーと思い続けていることです。30年以上経過し、ようやく自分が思い描いていたことが現実化してきました。そして昨年、頭に「根拠ある姿勢」を付け加えました。「根拠ある姿勢で日本人を健康でカッコ良くする!」たかが姿...

記事を読む

1 2 3 4 17