内股歩行研究(セルフ検査法②)

内股歩行セルフチェック法②

前回の内股歩行セルフチェックの続きです。今回は、内股歩行の最重要ポイントの股関節のチェックです。

②うつぶせチェック法

股関節の外旋と内旋を検査します。うつぶせ寝で、お尻が浮かないように注意して膝の角度を90度にして写真のように外回しと内回しします。

内股検査1jpg

正常であれば、外旋、内旋ともに45度ぐらいになります。内股歩行の子供に特徴的なのは、この内旋が60度を超え外旋が45度以下になる場合です。外旋 45度以下の場合陽性とします。(足が外側に回りにくいことを意味しています)

6歳ぐらいまでは、そんなに気にしなくていいですが

7歳以降で上記の検査をして、歩行で内股になっている場合は

ご相談頂ければと思います。

次回は、内股歩行になる原因について考察いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>