2019年の抱負

今年も今日1日ですね

来年も皆様にとって健康第一な年でありますように

良い年をお迎えくださいませ。

「ぼーっ」としながら

2019年の抱負について考えてみました。

カイロプラクティック治療を始めて33年間、

様々なトライ&エラーを繰り返して来た。

カラダとアタマが使えるうちにやっておきたいことがあります。

治療を通して感じてきたことを実現するために

それは、姿勢の大切さを伝え

根本から治す、そして障害を起こさないからだを作る

こんなことをアタマに描いていると

25年前に治療のコンセプトとして掲げた

「プライマリーケアから予防、そして姿勢改善へ」

という自分で決めた言葉が蘇ってきます。

考えていることは今も昔も変わらないのである。

違うのは、以前よりこのコンセプト

を具現化できる状態にあるということである

予防に関しては、未病の状態の人たちに姿勢の大切さを伝え

行動に移してもらう。

根本から治すことに関しては、重力の影響に重きをおく

重力がなければ人は、生きていけないこと

重力がかかり過ぎれば人は、障害を起こしやすいこと

そしてカラダを作ることに関しては

ピラティスを本格的に導入する。

ピラティスの考えは抗重力なカラダを作るからである。

これらのことに関して、既存の考えに捉われずに

来年から始まる一年一年

当たり前を疑いながら、研究・実行していくだけである。

皆様の2019年の抱負は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>