小学生の内股歩行研究(検査法①)

小学生の内股歩行研究(検査法①について)

内股歩行の小学生の来院が増えています。ここ2年ほどで30症例以上になりました。

uchimata201812jpg

何歳ぐらいから気にすればいいのでしょうか?

なぜ、内股歩行になるのでしょうか?

このまま放置して、自然に改善するものなのでしょうか?

内股歩行が改善する治療法はあるのでしょうか?

親御さんから以上のような質問を受けます。そこで今回は、自宅でできるチェック法をご紹介いたします。

内股歩行セルフチェック法①

立位チェック法

膝のお皿の向きをチェックしてください。

左右どちらか、もしくは両方とも内側を向いたりしていた場合は

陽性としましょう。

内股検査2

次回は ②うつぶせチェック法 股関節の外旋と内旋検査法をご紹介いたします。

6歳ぐらいまでは、そんなに気にしなくていいですが、7歳以降で上記の検査をして、歩行で内股になっている場合はご相談頂ければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>