DSC_0321

第一回パワーハウスウォーク教室開催

第一回 「パワーハウスウォーク」教室 開催のお知らせ日本人の70歳以上の95%は、膝、股関節、腰などの変形性疾患に罹患していると東京大学の22世紀医療センターの研究で発表されています。これらの疾患と歩行については密接な関連があります。また、ロコモティブシンドロームを減らすには、歩...

記事を読む

IMG_8480

テキストサム損傷

テキストサム損傷についてですが2015年3月9日、ドコモさんが、自社の公式ツイッターで注意喚起したのがきっかけで、ヤフーニュースでも取り上げられ、メディア各社が動いたようです。その後、取材依頼があり、ご質問にお答え致しました。ただ、テレビなどは短い時間ですので詳細が伝わらない可能...

記事を読む

kubi-1

ストレートネックを寝ながら改善テクニックって?

首がストレートネック状態になるのは、PC・スマホ・ゲーム・読書など日々の姿勢が大きく影響しています。その状態が積み重なれば、重い症状に悩まされることになりかねません。寝る前に、この改善テクニックを行って、カラダをリセットしてから就寝できれば、次の日に、悪い姿勢を持ちこさないで済み...

記事を読む

0871440c21

匠のストレッチ&リリース「肩腕の癒着リリース」マウス症候群

本日のストレッチ&リリースは、「肩腕の癒着リリース」スマホやPCの使用によって腕と肩が癒着した状態をリリースさせます。この状態ですが、特に最近は、PC(マウス長時間使用)の患者さんに多く見受けられます。癒着が強くなりますと肩こりや首こりの他、肩が上がりにくい、腕を動かすと痛むなど...

記事を読む

olympics

「子供たちの姿勢」をどうにかしないといけない!ジャンプ編

子供の姿勢は、運動時にも影響を及ぼします。前回のブログでご紹介した10歳のトランポリン少女のジャンプです。姿勢が悪い状態でのジャンプでは、床からのベクトルが腰が反る方向にジャンプしてしまうのです。結果、お腹が出て、腰が反る方向にジャンプしてしまうのです。http://youtu....

記事を読む

mirei-b

「子供たちの姿勢」をどうにかしないといけない!

子供たちの姿勢をどうにかしないとこのまま成長したら・・・大変なことになってしまいます。患者さんと接していると常々感じてしまいます。下の10歳の女の子ですが、お母さんが日頃見ていて反り腰が気になり来院しました。         BEFORE     2週間経過後      AFTE...

記事を読む

22_MG_1964

身長が伸びるって本当??抗重力治療法研究 其の3

人間には常に重力がかかっていますねそれをまともに受ければ、徐々に身長は縮むし身体の歪みを解消して、重力を味方につければ身長は伸びます! → Before(148.1㎝)            After(149.3㎝)上写真の女性は、Before After で*反り腰が改善*出...

記事を読む

186-2

「気をつけ」と「前倣え」が◯◯の原因って本当?!!

以前、腰痛で来られた大学生が言っていました。「小学校時代に気をつけの姿勢を褒められたから」「その気をつけの姿勢をいつもとっていました」立位姿勢をチェックすると、背筋が伸びて一見良い姿勢に見えるのですが残念ながら反り過ぎでした。その「反り腰」が原因で慢性的な痛みが続いていたのです。...

記事を読む

座り方 歪みあり 動揺性あり

そもそも姿勢が悪いと何がいけないの?

姿勢が悪くても、痛みはないし姿勢が悪くても、特に何も困っていないしって思われたことありませんか?子供の時に親に「肘をついて食事しない!」「背筋伸ばしなさい!」「食べた後、すぐに横になると牛になるよ!」とか言われたことないでしょうか?でも子供の頃は意味がわからないけど親や先生に叱ら...

記事を読む

G17

匠のストレッチ&リリース「スマホ・マウス肩」

本日のストレッチ&リリースは、「スマホ肩」です。スマホやPCの使用によって肩が上にあがった状態をリリースさせます。最近は特に多い状態です。肩こりや首こりの他、ひどくなると肩が上がりにくいなどの症状を発生させる可能性もあります。http://youtu.be/eiuEMR_Ra5E...

記事を読む

1 9 10 11 12 13 14 15