姿勢の匠 一覧

_DSC5576

KIZUカイロプラクティックーカンファレンスの目的ー

 カンファレンスと聞くと症例カンファレンスが思い起こされます。ただ、カイロプラクティックの場合は、医師と違い、「ある症例」に対して決まったアプローチ(エビデンスに基づいた)があるわけではなく(そこが問題である)、各先生が「ある症例」に対して独自のアプローチ法を経験に基づいて確立し...

記事を読む

IMG_5267

脳神経外科でのチーム医療報告

 脳神経外科でのチーム医療(府中・寿町クリニック 院長売野智之)ですが、スタートしてこの9月で3年目になりますが、患者の頚部のレントゲンを撮るとやはり「ストレートネック」もしくは「逆カーブ」になっている人がほとんどであります。頭痛、頚部痛、腕のしびれ、首・肩こりなど症状は様々であ...

記事を読む

榎戸20180902

第3回歩き方トレーニングセミナーを終えて

第3回セミナーを終えて、このセミナーは多くの方に受けてもらいたい気持ちがより一層強くなりました。過去3回の参加者皆さんの感想ですある70代の女性は、慢性的な膝痛が消え「身体がこんなに軽く感じれるには初めてです」と感想を述べてくれました。「抗重力ってこんなに軽いんだ!」「患者さん皆...

記事を読む

du201808jpg

なかなか治らない手首の痛みと その原因と考えられるメカニズムについての考察

最近、手首の痛みで来院される方が増えています。スマホやPCばかりやっているので、使っているのは脳と手先だけと考えれば当たり前の結果かもしれませんね、、、ではその痛みとは?▪️とにかく手を使うと痛む▪️ドアノブを回せない▪️マグカップが持てない▪️手が床に着けない▪️シャツのボタン...

記事を読む

kizu-s

第一回「歩き方トレーニングセミナー」報告

6月3日(日)リニューアルしたKIZUカイロセミナールームにて 初めてのセミナー開催いたしました。今回は「歩き方トレーニングセミナー」をテーマに5名の方に参加頂きました。歩き方によって、様々な疾患の原因になってあることを伝えたくて、実践形式で筋電計なども使い、歩き方の研究から臨床...

記事を読む

_DSC5769

リニューアルとその目的について

今回のリニューアルの目的は、気持ちいい緑の空間での施術と研究重視とセミナー・カンファレンススペースの設置です。緑が一面に広がる窓の全面解放。歩行スペースと座り方分析スペースと筋電計による研究。今後、KIZUカイロプラクティックでは研究と臨床の繋がりを通して患者さんの健康に寄与でき...

記事を読む

toudai2018

ドケルバン病の研究2018

ドケルバン病という近年、増加している障害をご存知でしょうか?このブログでも何度か取り上げた症状です。(ドケルバンに関する過去の記事)ドケルバン病は、親指の付け根辺りから腕にかけて痛みがが発症します。最近では、スマホやパソコンの使い過ぎや使い方が原因と推測されます。この障害は数年前...

記事を読む

脛腓関節イラストjpg

足首捻挫の後遺症

足首を捻挫した後には、靭帯の修復のために固定が必要不可欠です。重度によりますが、ギブスから包帯やテーピングなどによる固定です。捻挫は2週間から1ヶ月の間には、改善に向かうことが多いのですが、靭帯が修復した後に痛みや機能障害が残る症例があります。この足首捻挫の後に起こる後遺症として...

記事を読む

543718510.857585

リスタート”2018”

今年の桜は、早咲きでしたね。今週の入学式には、緑の葉が出てきているところが多くなりそうです。そんな皆様が心ウキウキの春のスタートの時期にKIZUカイロプラクティック本院も生まれ変わります。今回は”リニューアル”ではなく、”リスタート”の意味合いが強くなります。 カイロプラクティッ...

記事を読む

IMG_3592

松本智由先生、徳田航平先生 退職のご挨拶

長年一緒に働いてくれた松本智由先生、徳田航平先生が3月末で退職することになりました。お二人の先生からの挨拶です。徳田航平先生からのご挨拶この度、3月31日をもちまして15年間お世話になりましたKIZUカイロプラクティックを退職させて頂く事になりました。ここで培った経験...

記事を読む

1 2 3 4 13