姿勢の匠 一覧

IMG_2345

カラダの使い方による障害①『開脚』

最近は、ヨガやピラティスそしてダンスなど積極的にカラダを動かし柔軟性や体幹強化を考えている女性の方が多いのは、とてもいい傾向だと思っております。ただ、その動きの中で頑張り過ぎるのか、どこかを痛めるケースも珍しくありません。(皆様も同じ経験を一度されたことあるのではないですか?)そ...

記事を読む

3d illustration male running pose with x-ray skeleton joint, medical concept.

症例報告:足の付け根の痛み(五十股・ごじゅうまた)

「五十肩」という障害はよく耳にされるかと思いますが、近年はこの「五十股」でお悩みの方が増えていると感じます。やはり座り時間が長くなっていることが一因と考えられます。50代 男性 会社経営症状:2−3ヶ月前から、座って歩き出しに左股関節に痛みを感じるようになり、徐々に痛みが強くなり...

記事を読む

IMG_9277

Break-time [梅雨]

街に紫陽花が咲き始めると梅雨を連想します。また今年も紫陽花が綺麗に咲き始めました!あじさいを漢字で書くと『紫陽花』ですが、この“あじさい”という名前は、一説には『真の藍色の花が集まり咲くこと』という意味からきています。あじさいの学名は『ハイドランジア(Hydrangea)』といい...

記事を読む

IMG_9053

日経ヘルス6月号 令和元年初めての取材協力です!

令和元年はじめの取材協力は、日経ヘルスさんです!3月に開催した東京大学医学部附属病院での筋膜セミナーに日経ヘルス記者さんが取材で駆けつけてくれました。その後、打ち合わせを重ね、「筋膜フォーカースリリース」を読者にわかりやすいように内容をアレンジしてもらいました。ここでは「筋膜キラ...

記事を読む

足底筋膜jpg

アスリートに多い踵部脂肪体炎(Heel Fat Pad Syndrome)の施術について

踵部脂肪体炎(HeelFatPadSyndrome)は踵を地面に接地すると痛みが発生するため、運動を中止することになってしまいます。この踵部の痛みは、ランナーなどアスリートに非常に多い疾患です。この症状の改善には、先ずHeelFatPadの炎症を抑えることと保護することを基本に対...

記事を読む

小胸筋イラスト

巻き肩と小胸筋 リセット姿勢ニュートラルエクササイズ

巻き肩の女性が増えて来ています!これは今始まったことではないですが、ここ数年はこの巻き肩による障害が増えているのです。以前はこんな症状が出なかったと思われるような辛い症状も珍しくありません。巻き肩は、見た目にも猫背でいい姿勢にも見えないので、容姿を気にされている方もとても多い障害...

記事を読む

gikkuri-koshijpg

こんなに変わる!「ぎっくり腰」施術

症例ケース:急性腰痛 60歳 男性2日前より、椅子から立つ時に痛み始め、その後寝返りもできなくなり、前に曲げられない状態で来院する。以前にもぎっくり腰を何度か発症しているとのことであった。ROM検査では、前屈はほとんどできず、左腰部に激痛があり、左側屈でも左腰部に痛み。その他の方...

記事を読む

shin-b

子供の首寝違えから考える「姿勢の大きな問題」

 子供の首を見ていると、今回の症例のように顎が上がり、後頭部を首に載せているような姿勢で口を開けて過ごしている子供をよくみかけます。この姿勢は、筋肉を使わず載せているだけなので本人は楽なのです。この姿勢のまま、下を向いてスマホやゲームをすれば、後頭部から首後部にかけて筋緊張が増し...

記事を読む

18_MG_1876

即効!簡単!スカートが回る女性必見!骨盤ゆがみ改善ストレッチ

女性の患者さんから、よく質問されます。「なぜ、スカートが回るのですか?」とその理由は簡単に言うと、骨盤の歪みがあるからです。ではなぜ、この骨盤の歪みが自然にできてしまうのでしょうか?それは、歩く時に、骨盤が安定せずに骨盤と足が一緒に動いてしまうからなのです。今回は、その対処法とし...

記事を読む

筋スリングjpg

筋スリング(筋連鎖)による障害

筋スリング(筋連鎖)とはあまり聞きなれない言葉だと思いますが、この崩れによる障害がとても多いのです。前回お伝えした、「股関節・膝連動症候群」やその前の記事「ひじ・肩連動症候群」にも通じるのが筋スリング(筋連鎖)の崩れによる障害です。例えば、歩行もこの筋スリングが起きています。左足...

記事を読む

1 2 3 4 15