姿勢の匠 一覧

IMG_1653

第一回 キッズイベント〜子供たちの人生を変える〜

子供のために、運動すればいいわけではありません!!子供に大切なこと、それは身体の軸を整えて、成長に合わせたトレーニングをすることです!来院する子供たち、トレーニングをしている子供たちを実際にみてきて思うのは、子供たちの姿勢や身体の使い方の悪さです。その理由は何か?外遊びが減って座...

記事を読む

IMG_2785

今、肩関節障害がなぜ起きやすいか?②

前回の続きです。写真は、肩関節の状態をゴルフボールとコインで表してみました。↓肩甲上腕関節構造の形状にあります。上腕骨が球状関節であるので、骨頭が関節窩に包まれているイメージ(しっかり関節されている)がありますが、実際は肩甲上腕関節構造はゴルフボールがその1/4の大きさの硬貨の上...

記事を読む

IMG_1627

ギフトショー2020 共同開発商品展示!

先日、東京ビックサイトで開催された、ギフトショーに初めて行きました!凄い人手にビックリでしたが、毎年海外からの見学者も多いが今年は、コロナウイルスの影響で海外からはあまりみえてないとの事。それでもこの人出とは二度ビックリでした。今回は、ピップさんとの共同開発の展示品があり、ご招待...

記事を読む

IMG_1417

ピラティス定期勉強会2020年1月

先日、ピラティス定期勉強会に参加してきました。今回のテーマは、ゴルフのパフォーマンスを向上させるためのピラティストレーニングゴルフは、体幹の回旋運動が主である。但し、ある面では自然との調和を必要とするスポーツである。平面で練習しているだけなら未だしも、風や雨そして、地上(アンジュ...

記事を読む

IMG_1589

今年初『KIZUカイロプラクティック定例カンファレンス』

今年初めのKIZUカイロプラクティックの月例カンファレンスを開催いたしました。今回は、子供の頭痛に関する施術についてディスカッションいたしました。各院の状況から昔は、考えられなかった症状で来院される子供たちが多くなっていることがわかりました。今回の症例は頭痛の子供です。小学受験、...

記事を読む

逆流性

機能性胃腸症(胃食道逆流症NERD)のカイロプラクティック施術考察

機能性胃腸症って聞いたことありますか?検査をしても胃に炎症・潰瘍・癌などの病気がないのに、胃もたれ・胃痛を感じる病気のことで胃下垂・胃無力症・胃けいれん・神経性胃炎・慢性胃炎などと診断されていた機能障害です。その中でも『逆流性胃腸症』の方が近年多く来院されています。逆流性胃腸症(...

記事を読む

上腕二頭筋長頭

腕が痛くて上がらない(肩インピンジメント症候群)施術手順

肩インピンジメント症候群の施術手順効果的な施術を研究し、その結果より効果がある施術手順がわかってきたので報告いたします。皆さん、腕が上がらないとすぐに四十肩や五十肩と思っている方が多く、一般的に、四十肩や五十肩は治療には1年以上かかるというイメージが先行してるようです。そして『ま...

記事を読む

肩甲上神経

絞扼性末梢神経障害について

首から肩、そして肩甲骨の耐えられない痛みや腕への痛みやだるさ、しびれなどで来院される方が多いので、これらの症状に繋がる気になる障害について取り上げてみます。絞扼性末梢神経障害 EntrapmentNeuropathyについて取り上げてみます。 末梢神経が生理的狭窄部位で絞扼される...

記事を読む

内股歩行症例

症例:内股歩きの小学校4年生(9歳)の男の子の歩行改善

来院時(2019年4月)、左動画のように内股歩行で巻き肩・猫背で左右とも内股でペタペタ歩いていまいた。猫背と骨盤の後傾と股関節の内股矯正をすることにより2ヶ月で改善いたしました。自宅でのセルフエクササイズでは、体幹を強化し、腕振りエクササイズなど背中側の筋肉の意識をさせた結果早期...

記事を読む

肩甲骨の動き

カラダの使い方による障害②『肩甲骨を動かす』

カラダの使い方による障害②『肩甲骨を動かす』巷では、肩甲骨を剥がすと肩こりや背中のこりが楽になるとか、肩甲骨を動かすと背中が美しくなるとか言われるので、ご自身でも肩甲骨を動かそうとしている方がよくおられます。実はこの肩甲骨、その背中に張り付く理由があるのです。それは、肩甲骨は胸郭...

記事を読む

1 2 3 4 16