カラダの使い方 一覧

ダンサーに重要な関節軸調整

関節軸調整テクニック(JointAxisAdjustmentTechnique)以前、『雑巾絞り症候群』というタイトルをUPしたことがありますが、この調整を行うのが関節軸調整法(以下JAA)です。ではその雑巾絞り症候群とは?先ず、濡れ雑巾を絞ったイメージをしてください。ギュッと捻...

記事を読む

CM関節障害における大菱形骨(手根骨)の重要な役割

大菱形骨は手にある手根骨の一つであります。この骨は、五角柱形の骨である。前後面は関節と関係しないが、五角柱の4辺は、それぞれ舟状骨、小菱形骨、第二中手骨及び、第一中手骨底(親指の根元)と関節しています。この大菱形骨と関節する、手の第一中手骨(親指)、この関節がCM関節と言います。...

記事を読む

『ダンサー開脚痛』は無理に伸ばしてはダメ!

バレエ・フラメンコなどダンサーに共通して起こる開脚時の太腿内側の痛みで来院される方が多いのですが、『今まで痛みなく開脚できていたのに・・』『ある時から開脚時に太腿の内側に違和感』『伸びない、引きつれる感覚がある』『痛みで一本筋が通って伸びない感覚』上記のような理由で来院される方が...

記事を読む

高齢者の猫背や亀背の施術で気をつけること

高齢になるに従い、背中が丸くなり、そして結果、腰痛や足の痺れになる方が増えます!その痛みの原因は、脊柱管狭窄症や変形性腰椎症だったりします。また高齢になると椎間板自体が退行変性が起きるので椎間板ヘルニア自体は減少します。これらの状態を評価・把握しながら猫背や亀背の治療で注意するこ...

記事を読む

第一回 キッズイベント〜子供たちの人生を変える〜

子供のために、運動すればいいわけではありません!!子供に大切なこと、それは身体の軸を整えて、成長に合わせたトレーニングをすることです!来院する子供たち、トレーニングをしている子供たちを実際にみてきて思うのは、子供たちの姿勢や身体の使い方の悪さです。その理由は何か?外遊びが減って座...

記事を読む

「頸性めまい」大学病院耳鼻咽喉科チーム共同研究

この度、光栄にも大学病院、耳鼻咽喉科医師めまい耳チームより「頸性めまい」の共同研究のお話を頂きました。カイロプラクティック施術は頸性めまいに有効であることは我々は臨床を通して実感していますがその研究やエビデンスは残念ながら存在していません。今回は、耳鼻咽喉科医師チームとの共同研究...

記事を読む

今、肩関節障害がなぜ起きやすいのか?④

前回の続きです!肩関節障害の施術↓肩関節の施術で考慮に入れる必要があるのが、この烏口肩峰アーチである。真横(外転)だとこのアーチが低いのでインピンジメントが起きやすく、少し前方だとこのアーチが高いので上げやすくなります。これは、解剖学的な要素の一つに過ぎませんが、このような解剖学...

記事を読む

今、肩関節障害がなぜ起きやすいのか?③

ここのところ本当に多い肩関節障害です。昨日も肩関節障害の方が5名ほど、とても来院患者が多い疾患になっています。そこで前回の続きです!『肩関節障害(インピンジメント症候群)のメカニズム』↓上イラストの青色矢印はインナーが働いた場合の力の方向です。一方、赤色矢印がアウターが働いた場合...

記事を読む

今、肩関節障害がなぜ起きやすいか?②

前回の続きです。写真は、肩関節の状態をゴルフボールとコインで表してみました。↓肩甲上腕関節構造の形状にあります。上腕骨が球状関節であるので、骨頭が関節窩に包まれているイメージ(しっかり関節されている)がありますが、実際は肩甲上腕関節構造はゴルフボールがその1/4の大きさの硬貨の上...

記事を読む

今、肩関節障害がなぜ起きやすいのか?

ここのところ来院患者が多い肩関節障害についてです。今、肩関節障害がなぜ起きやすいのか?肩甲上腕関節構造の形状にあります。上腕骨が球状関節であるので、骨頭が関節窩に包まれているイメージ(しっかり関節されている)がありますが、実際は肩甲上腕関節構造はゴルフボールがその1/4の大きさの...

記事を読む

1 2 3 4 5