あなたのスカート回っていませんか?回り方でわかる◯◯具合!

一日生活しているとスカートが回ってしまう方、実は骨盤が歪んでいる可能性があるかもしれません!

kotubanyugami

まずどちらの方向にスカートが回っているか確認してください。そのスカートが回る方向で骨盤の歪みがわかります。

 

時計回りに回る方は右の骨盤後ろに歪み、左の骨盤が前に歪みやすいのです。

逆に時計と反対回りする方は、右の骨盤が前に歪み、左の骨盤が後ろに歪みやすいのです。

 

この骨盤の歪みは左右の蹴り脚と軸足の関係で起こります。結果、このようなスカートが回るという事が起きるのです。特に滑りやすい生地の場合に顕著のようです。

 

そしてもうひとつ。座った時に足を組んで、組みやすい側はどちらですか?

脚を組みやすい側は軸足が関係しています。スカートが時計回りの方は、右足を上にして脚を組みやすく、反対回りは、その逆の左足を上にして組みやすいのです。

 

では、この歪んだ骨盤を簡単にリセットする方法をご紹介いたします。

まず、自分のスカートがどちらに回るかと座った時に左右どちらの脚を上にするかをチェックします。そのスカートが回る方向と脚を組む側が以下のように一致した場合は、下図のストレッチを行ってください。

kotubanakizen

時計回り→右足上にして脚組む→左の腰のストレッチが効果的

方法:立位で肩幅脚を広げ、両手を天井に伸ばし右手で左手首を持ち、そのまま肘を伸ばしたまま、右手で左の手首を右天井の方向へ引っぱり、左腰が伸びるの感じるように気持ちよくストレッチする。

 

反時計回り→左足上にして脚組む→右の腰のストレッチが効果的

方法:時計回りの逆

 

それでは、スカートが回る方向と脚を組む側が上のように一致していない場合はどうしたらいいのでしょうか?

実は一致していない方は、身体のバランスが複雑になっている可能性があるので、リセットストレッチは行わないください。また、腰を伸ばすストレッチをした時に違和感や痛みがある方も無理して行わないように注意してください。もし痛みを感じたら、専門家に相談することをオススメします。

 

スカートの周り方と脚の組み方は定期的にチェックすることをオススメします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>