尾骨の痛みの根本施術

昨日も交通事故で尾骨を打撲した患者さんが来院されました。事故から10日が経過し、徐々に痛みは減っているが、上向きで寝るとか硬い椅子に座ると痛むとのこと。
一般的に尾骨を強打して、患部が痛むと、どうしても尾骨をどうにかしないと治らないと思ってしまいます。もちろん急性症状は、その患部への対処が必要です。ただ、慢性的になった尾骨の痛みは、背骨・骨盤全体のアライメントを整えることが重要になるのです。
『強打したその衝撃は背骨に伝わり椎骨に変位を起こさせるのです!』

co1jpg
どのように尾骨を強打したのか?その方向やその時の姿勢も重要になります。
ちなみに、この患者さんは、一回の施術で痛くて寝れなかった、上向き寝での尾骨痛は消失しました。もちろん、一回で根本から改善したわけでありませんが、根本の原因と治療法がわかることにより患者さんも安心できます。そして、背骨アライメントが落ち着いて、患部自体の修復が済むまでは、セルフケア法をお伝えして尾骨への負担を軽減させることが早期の回復に繋がります!

院長 木津直昭

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>