内股歩き 一覧

内股歩行症例

症例:内股歩きの小学校4年生(9歳)の男の子の歩行改善

来院時(2019年4月)、左動画のように内股歩行で巻き肩・猫背で左右とも内股でペタペタ歩いていまいた。猫背と骨盤の後傾と股関節の内股矯正をすることにより2ヶ月で改善いたしました。自宅でのセルフエクササイズでは、体幹を強化し、腕振りエクササイズなど背中側の筋肉の意識をさせた結果早期...

記事を読む

IMG_2345

カラダの使い方による障害①『開脚』

最近は、ヨガやピラティスそしてダンスなど積極的にカラダを動かし柔軟性や体幹強化を考えている女性の方が多いのは、とてもいい傾向だと思っております。ただ、その動きの中で頑張り過ぎるのか、どこかを痛めるケースも珍しくありません。(皆様も同じ経験を一度されたことあるのではないですか?)そ...

記事を読む

横断歩道を歩く女の子

「内股歩行研究センター」公式サイト開設記念キャンペーン!

子供の内股歩行の原因を研究していくと、高齢者の変形性疾患(膝・股関節)の関連性が疑われます。これはあくまで仮説ですが、内股歩行の子供と高齢者の変形性疾患は類似した歩きになっているのです。内股歩行の子供たちを早期に改善させることは、その後の人生に大きく影響すると考えています。もし内...

記事を読む

_DSC5433

股関節・ひざ連動症候群(下肢リンク症候群)

前回お伝えした、肘関節や手首関節への筋肉や関節の負担に繋がっている障害「ひじ・かた連動症候群」ですが、かなりの反響がありました。やはり、パソコンやスマホで酷使している方が多いので当たり前の現象かもしれません。今回は、前回予告した通り「股関節・ひざ連動症候群」について解説いたします...

記事を読む

内股検査1jpg

内股歩行研究(セルフ検査法②)

内股歩行セルフチェック法②前回の内股歩行セルフチェックの続きです。今回は、内股歩行の最重要ポイントの股関節のチェックです。②うつぶせチェック法股関節の外旋と内旋を検査します。うつぶせ寝で、お尻が浮かないように注意して膝の角度を90度にして写真のように外回しと内回しします。正常であ...

記事を読む

uchimata201812jpg

小学生の内股歩行研究(検査法①)

小学生の内股歩行研究(検査法①について)内股歩行の小学生の来院が増えています。ここ2年ほどで30症例以上になりました。何歳ぐらいから気にすればいいのでしょうか?なぜ、内股歩行になるのでしょうか?このまま放置して、自然に改善するものなのでしょうか?内股歩行が改善する治療法はあるので...

記事を読む

uchimata

内股歩行症例5:小学生のペンギン歩きの改善

内股歩行case5:10歳 小学4年生3歳児から内股歩行が気になり整形外科受診する。10歳まで経過観察してきたが状態が悪化し、ぺたぺた「ペンギン歩き」ようになり心配になり来院する。以下動画が、7月と10月の約3ヶ月、施術後の歩行相の改善(側方像)です。歩行分析:7月の施術前は両足...

記事を読む

kazuki-1jpg

内股症例報告4:内股歩行の改善のその後と感想文(動画研究2)

子供の内股歩行ですが、その後研究を続け、足底アーチや骨盤の後傾以外でも原因になっていると思われるファクターも明らかになってきました。現段階では、確かではないので詳しくは述べることはできませんが明らかに臨床では子供たちの歩行に改善をもたらしています。下動画は、9歳男の子の2ヶ月後の...

記事を読む

IMG_1338 (2)

内股症例報告3:子供の内股歩行の改善(動画研究1)

内股歩行の子供たちが増えています。今回は、動画を使って施術後の変化を見てみました。Case:2歳時から膝痛があり、内股歩行が気になっていた。整形外科では、様子見と言われていたのですが、9歳になり膝痛も続いていて、内股歩行と猫背が気になり来院する。https://youtu.be/...

記事を読む

ntsisei402

症例報告:小学生の内股歩行と骨盤後傾

以前のブログ(症例報告:内股歩行)でも取り上げましたが、内股歩行の小学生の来院がさらに増えています。この子供たちは、足が内股(足首内旋)になって歩行するため転びやすくなったり、足がびっこになったり反り腰や下腹が出るぽっこりお腹などの状態に陥っています。原因として考えられるのは★赤...

記事を読む