裏話:読売新聞 取材協力「肩こりのメカニズムを探る!」

今回の取材は、読売新聞の大阪支社の記者さんが

遠路遥々お越し頂きました。

この「探る!」は最近新設したコーナーで

様々な分野の興味深い内容を深堀する、まさしく

「探る」取材をしたいとのことでした。

とても面白い企画と思い、肩凝りの一般的に言われている

原因だけではなく、多く皆さんが悩んでいる「頑固な肩こり」の

メカニズムについてご説明しました。

一般的な肩こりは、主に血行不良なので

温めたり、マッサージしたりでよくなったりするのですが

この一般的でない「頑固な肩こり」は、血行を良くするぐらいでは

改善しません。

なぜなら、そこには、関節の不整列(ゆがみ)があるからです。

%e3%81%8e%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e9%a6%96

そこで、記者さんに「首の軸の崩れ」を実感してもらい

その軸の修正(調整)を行いました。

施術後の感想は「おー凄い!!!」

そして、その軸の崩れについて記事化に奮闘してもらいましたが

やはり限られた字数の中では、実現が難しかったようです、、、

 

是非とも頑固な肩こりの要因について

いつか「探る!」で取り上げてもらえればと期待しております!

以下掲載記事です。読売新聞朝刊 2017年1月12日

yomiuri20170112kiji

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>