ぎっくり首の原因は○○です!

先日、テレビ朝日の朝の情報番組「グッドモーニング」の取材を受けました。

テーマは「ぎっくり首」について

確かに、ぎっくり首で来院される方が増えています。

以前は「寝違え」と言っていた症状の進化版といえます。

寝違えより症状が重く、1-2日で自然に治るものでは

なく、首が左右前後にまったく動かせなくなることもあります。

そして、安静だけでは、

なかなか治りにくいのがこの「ぎっくり首」の特徴です。

原因は、スマホやパソコンでの前傾姿勢です。

 

5-1-2

 

では、なぜ、前傾姿勢になると「ぎっくり首」になるのでしょうか?

そのメカニズムは、首の周りの筋肉と関節の関係です。

ダルマ落としゲームを思い出してください。

以下のイラストのように

首がずれると、中心軸が崩れ重要な脊髄に悪影響を及ぼします。

%e3%81%8e%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e9%a6%96

そこで筋肉は、それ以上ずれないように

防御的に固めるように働きます。

その状態で、下を向いていて起こそうとしたり、

大声で笑ったり、くしゃみしたり、振り向いたり

朝起きがけに目覚まし時計に手を伸ばしたり

そんなことがきっかけで首に痛みが走り動かなくなるのです。

治療は、ずれた首を中心に戻すように矯正するのが効果的です。

急性状態の場合は、自宅でのセルフケアも重要ですので、先ずは以下の

セルフケア法をご覧ください。

★急性状態の自宅でのセルフケアはこちらから

★自宅でのセルフケアの後は

WHOのガイドラインで定められている国際基準をクリアした

JCR登録カイロプラクターにご相談してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>