肩こりを根本から治すには?

先日、大手企業デスクワーカー体調アンケート(33名)

をとらせて頂きました。

結果は、80%以上の方が肩こり、50%の方が腰痛で

苦しんでおられることがわかりました。

 

この「肩こり」という症状ですが、原因は大きく分けて

2つあると考えております。

(内臓由来もありますが、ここでは除外してみます)

一つは、機能的な肩こりです。

もう一つは、自律神経のバランスを崩した肩こりです。

では、この2つの肩こりを治すにはどうすればいいのでしょうか?

 

もちろん、凝った筋肉を揉んで柔らかくするという対処的施術もありですが、

これは肩こりの原因にはアプローチしていないので、その場限りになります。

 

では原因を取り除くには?

 

先ず、一つ目の機能的な肩こりですが、これは、頭の位置を身体の

中心にできるだけ配置させるだけで消失します。

とてもシンプルなのです。

但しそのためには、身体全体のバランスが重要になります。

 

正常カーブ

 

下の写真ようなバランスでは、肩凝りや腰痛の原因になります。

 

悪化カーブ

 

二つ目の自律神経のバランスですが、

これには、呼吸というものが重要なファクターになります。

この場合、深呼吸が正しくできる身体の状態が必要になります。

例えば、女性に多い「巻き肩」だったりすると、浅い呼吸になります。

結果、深呼吸ができません。

実は、この二つ目の自律神経の調節も筋骨格系の原因が多いのです。

 

5-1-2

 

アンケート結果より、肩こりの原因が「姿勢」

と感じている方が多かったのですが、

ではこれらの方に良い姿勢をとってもらえれば、

この肩こりが消失するのでしょうか?

残念ながら答えはNOです。

身体のバランスが悪い状態で良い姿勢をとるのは、

逆効果になる可能性が高いのです。

多くの方が、良い姿勢にしたいのに悪い姿勢になってしまう時には

何か原因があります。それは、身体が歪んで、良い姿勢が苦しいからです。

また、こちらの企業では、現在の椅子があっていないと感じている方が

70%を超えていました。

これも一つの補助的要因でもあります。

合っていない椅子でよい姿勢にしようとすれば、

身体はとても辛い状態になるのです。

 

10_MG_1688

 

私たちが目指すのは、肩凝りを感じなくなる身体作りです。

30年の臨床経験からも身体のケアを中心に

椅子やデスクの環境設定までのコンサルティングも実施できれば、

楽で良い姿勢がとれるようになると確信しております。

 

良い姿勢が辛い、そして痛みや不調でお困りの方は、

KIZUカイロプラクティック本院 まで

お気軽にご相談くださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>