今、肩関節障害がなぜ起きやすいのか?

ここのところ来院患者が多い肩関節障害についてです。

今、肩関節障害がなぜ起きやすいのか?

肩関節断面図

肩甲上腕関節構造の形状にあります。
上腕骨が球状関節であるので、骨頭が関節窩に包まれているイメージ(しっかり関節されている)がありますが、実際は肩甲上腕関節構造はゴルフボールがその1/4の大きさの硬貨の上にのしかかっているのに非常に類似しているということである。

結果、筋肉で支える必要があるからです。
そのメカニズムについては次回説明いたします!

院長 木津直昭

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>