絞扼性末梢神経障害について

首から肩、そして肩甲骨の耐えられない痛みや腕への痛みやだるさ、しびれなどで来院される方が多いので、これらの症状に繋がる気になる障害について取り上げてみます。

絞扼性末梢神経障害 Entrapment Neuropathyについて取り上げてみます。

 末梢神経が生理的狭窄部位で絞扼されることによって生じる神経障害の総称をいいますが、この絞扼(こうやく)=はさまれる状態による障害で辛い症状が出ている方が多い気がしています。

この障害では、原因は特定できない、耐えられないような痛みやしびれ、そして酷くなるとマヒが起こります。

最近来院される方で多いのが、腕が上がらない、力が入らない、しびれや痛みでいても立ってもいられない状態です。このような症状は、頚椎疾患・肩関節周囲炎・腱板損傷など鑑別が必要ですが、以下のような絞扼障害を起こしている方が少なくないのではないでしょうか?

絞扼障害には、上半身では、胸郭出口症候群、肩甲上神経絞扼障害、肩甲背神経絞扼障害、四辺形間隙症候群(腋下神経障害)などがあげられます。

肩甲上神経

特に気になるのが、肩甲上神経絞扼障害です。この障害は、ガングリオンや靭帯の肥厚などによっても起こるとされていますが、施術をしていて思うのは、肩甲骨の位置異常が大きな要因になっていると考えて施術しています。

位置異常とは、肩甲骨本来あるべき位置ではないところから動きがスタートしているのです、その原因はというとやはり『姿勢』ということになります。

 この姿勢は、一般的には『巻き肩』と言われていますが、この状態が長年続くことにより、肩甲骨の位置異常が起こり、結果、絞扼障害の原因になっているのではないでしょうか?

 また、この肩甲骨の位置異常が起こっている『姿勢』では、頚椎疾患も起こりやすいし、ストレートネックや胸郭出口症候群も起こすだろうし、様々なリスクが考えられます。また。こららの絞扼が2箇所で起こっている『ダブルクラッシュ』状態の辛い症状の方も少なくないと考えています。

 腕に筋力低下が起こる神経障害で画像診断では頚椎椎間板ヘルニアや変形性疾患と診断された方で手術適応とされている方でもこの絞扼障害を取り除く施術で改善した例も少なくありません。もちろん、整形外科でしっかり診断してもらうべきですし、その後に原因が特定できないような症状ができている方は、この絞扼障害を疑ってみてもいいかもしれません。

過去のブログでも取り上げています。↓

*痛みで寝返りできない肩甲上神経絞扼性障害 (けんこうじょうしんけいこうやくせいしょうがい)について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>