ストレートネック研究

何回か、このブログでも取り上げている

 

ストレートネックですが、今回はレントゲンでの状態を

 

検証してみます。

 

なぜ人はストレートネックになってしまうのか?
人間の背骨は、以下の写真のように
頸椎(首の骨)は7個、胸椎(背中の骨)が12個、
腰椎(腰の骨)が5個で構成されています。
そのうち、頸椎(7個)と腰椎(5個)
を合わせた12個は前への凸カーブ、
胸椎12個は後ろへの凸カーブです。
その12対12で拮抗したバランスになります。
そのバランスは、筋肉で支えられて成り立っています。

 

正常カーブ

 

例えば、座った時に、猫背姿勢になると、この拮抗バランスが崩れます。
なぜなら顔の位置が前にくるからです。

 

悪化カーブ

そして前傾になればなるほど首のカーブは
ストレートや反対カーブにならなければならなくなるのです。
その顔を前に出した状態が長くなれば
「誰でもストレートネック状態になっている」
と言っても過言ではないのです!

 

このストレートネックの研究を
聖路加国際病院・整形外科医 辻先生のご協力のもと
レントゲン撮影で検証してみました。

 

はじめに、下の写真ですが、一見

 

首の前へのカーブがあり正しい姿勢に見えると思います。

 

しかし、この時の姿勢は背中を丸めて悪い姿勢で撮影しています。

 

b-sitting
下の写真は、正しい姿勢で撮影しています。

 

こちらは一見、ストレートネックのように見えます。

 

しかしこの一見ストレートネックに見える姿勢は、首を安定させる

 

頚部深層筋を働かせています。

 

g-sitting

 

次に、同じ人が少し前傾しパソコンをする姿勢をしてもらいました。

 

IMG_2275 (1)

明らかに、首がストレート状態になり、頭を支えるのに

 

筋肉の負担が高くなり大変そうです。

 

上の3枚の画像は、全て無症状の同じの方です。

 

結論:

 

姿勢によって、いくらでも首のカーブは変えられるので

 

ストレートネックと診断されても、

 

1.首を後ろに反らせて痛む

 

2.首の可動域が狭い(左右に向ける範囲が狭い)

 

3.慢性的な首や肩の凝り

 

これらの状態でなければ、X線のストレートネック像は

 

あくまで「ストレートネック」な状態であり

 

全てのストレートネック画像が悪い状態を示したものではないと言える。

 

考察:

 

背中を丸めて猫背で撮影した時に「ストレートネック」であり

 

上記の3つの症状があれば

 

これは、『ストレートネック状態』による障害と推測されます。

 

ストレートネック状態が、立った時にリセット(元に戻れば)されれば

 

問題はないのですが、立ってもこの状態がリセットできなくなった

 

状態になると、様々な障害が出現する可能性があるのです。

 

次回は、このストレートネック状態で障害が出るメカニズムと

 

改善方法について検証してみます。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>