ドケルバン病の手技による改善(執筆による親指と前腕の痛み)

前回のドケルバン病の症例に続き、手首・親指から手首そして前腕にかけての障害の方が増加しています。これらの症例に共通しているのは、長年の手の使い方のクセによるものと考えられます。

 

症例報告:30代女性(長時間の執筆作業)

 

執筆作業中、1ヶ月前より、親指から腕にかけて痛みが続いている。ここ最近は、腕に力が入りにくくなる。手首もぎこちなく動きにくくなっている。

 

下写真:来院時の右手の状態と施術2日後の状態

施術後には手首が締まり、手首の関節も安定する。

doke309b → doke311a

施術前                      施術後

施術前 橈尺関節遠位端が広がっている(手首幅広)

施術後:橈尺関節遠位端が締まっている(手首正常幅)

矢印の部位の手首の幅の変化をご覧ください。

 

2日後、2回目の施術後には痛みは軽減し、手首が安定しました。

また次回、経過観察後にご報告いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>