内股症例報告4:内股歩行の改善のその後と感想文(動画研究2)

子供の内股歩行ですが、その後研究を続け、足底アーチや骨盤の後傾以外でも

原因になっていると思われるファクターも明らかになってきました。

現段階では、確かではないので詳しくは述べることはできませんが

明らかに臨床では子供たちの歩行に改善をもたらしています。

下動画は、9歳男の子の2ヶ月後の変化ですが、

新たなファクターを評価改善させることにより、

より内股歩行が治ったと思われます。

以下動画が、6月と8月下旬の約3ヶ月後の歩行相の変化です。

(2週間に1回のカイロプラクティック施術実施)

 

 6月の時点では、ふらふら歩き、

内股歩行で足首からスネに痛みがありましたが

8月の時点では、体幹もしっかりして歩行相も安定し、

内股歩行も治りました。

 

今後も内股歩行の研究を継続して更なる効果的な

早期改善を目指したいと思っています。

*お母さんからの感想文を添付いたします。

kazuki2017830-kannsou

 

過去関連ブログ:内股症例報告3:子供の内股歩行の改善(動画研究1)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>