スカートが回るのと股関節痛の関係って?

以前のブログ記事でご紹介したように、スカートが回る方向で

 

骨盤の歪みはわかります。

 

時計回りに回る方は右の骨盤後ろに歪み、左の骨盤が前に歪みやすく

 

逆に時計と反対回りする方は、右の骨盤が前に歪み、

 

左の骨盤が後ろに歪みやすいのです。

 

今回は、このスカートが回ることと股関節痛の関係について

 

イラストを使って、身体の中で何が起きているかを説明いたします。

 

歩いていてスカートが回りやすいということは、

 

身体の軸が左右どちらかにあります。

 

座り方 歪みあり 動揺性あり

 

上の人の場合は、スカートは、時計と反対回りしやすくなります。

 

 

この場合の腰から股関節は、下イラストのような状態です。(後方より)

 

 

pelvic06

 

この左側への動揺により、左足の股関節の軸が崩れ

 

痛みや違和感の原因になります。

 

また、右足は、筋肉が固まることにより

 

股関節も詰まった状態になり、これも障害の原因になります。

 

スカートが、少し歩けば回ってしまう、座るとすぐに足を組みたくなる女性は

 

股関節に負担がかかっている可能性が高いのです。

 

また、それは膝の痛みへの原因にもなります。

 

日本人で膝や股関節などの変形性疾患に罹患している人は

 

70歳以上では人口の95%と言われているのです!

(東京大学22世紀医療センターの研究より)

 

30ー50代のうちに、カラダの歪みを取り除き、正しい歩き方を

 

身につけることをオススメいたします!

 

以下関連記事(リセット法も紹介しています)

 

あなたのスカート回っていませんか?回り方でわかる◯◯具合!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>