頭痛外来報告:ストレートネックの画像での変化と機能的改善

昨年9月に開始した脳神経外科(府中:寿町クリニック)

での非常勤カイロプラクター。

1年間勤務させて頂き、来院され頭痛の訴える方は

まだ、数字には出していませんがかなりの確率で

頚椎はストレートネックもしくは逆カーブになっています。

そして、それらの患者さんへのカイロプラクティック施術での効果は

徐々にではありますが、結果が出てきています。

機能的な改善(頭痛などの症状の改善)はもちろんのこと

レントゲン像での変化も確認できる方も出てきました。

 

kotobuki-stneck01jpg

 

上画像は、50代の女性の頭痛と頚部痛のある

50代の女性のレントゲン側方像での2ヶ月後の変化です。

頭痛や頚部痛の改善とともにレントゲン像での

ストレートネック(逆カーブ)な状態が改善してることが確認できます。

赤矢印の部分:頚椎4番と5番の配列が改善しています。

 

received_1177565165662313

 

脳神経外科医の売野院長のご協力のもと、更に臨床を積み

これからも増え続けるであろうスマホやPCの普及により

社会現象と言っても過言ではない「ストレートネック」の

メカニズムと改善方法を確立していこうと思っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>