リュックサックってバランス良くて、腰痛や肩こりにいいのでしょうか?(リュックの背負い方講座)

ハイキングや山登りには最高の新緑の季節になりました!

そんな時、重宝するのが、リュックサックですね!

最近は、おしゃれなリュックも登場して、

スーツでもフィットするデザインも増えています。

そして、カラダのバランスを考えたり、もしくは楽だからという理由で

リョックで通勤される方が増えているのだと思います。

姿勢的にもとてもいいことだと思います。

では、リュックにすれば、それでバランスが良く、

腰痛や肩こりの予防にいいのでしょうか?

実は、リュックサックにも背負い方があるのです!

リュックサックとは、ドイツ語の外来語から来ていて、背負う袋の意味です。

読んで字の如し、背中に載せる方を多く見かけますが、

背中にしょいながら、お腹で重みを支えているのが、

カラダにいいリュックの持ち方なのです。

 

リュックサックのカラダにいい背負い方

 

ryu-ku-j

 

左の写真は、カラダのおへそあたりからカラダが前傾しています。

リュックの重みを背中で持とうとすると、

このような姿勢になり、前へ進もうとすると猫背になります。

右写真のように、リュックの重みをお腹で支えるのが正しい持ち方です。

胸を広げ、リュックの重さを背中で感じて、

後ろに倒れそうな姿勢をお腹で支えているイメージです。

上方に背伸びをぐーと一回してから行うとイメージしやすくなります!

 

注意:リュックの重量は、カラダに密着すればするほど、軽くなります。

逆にカラダから離れる程、より重くなります。

そこで重要なのが肩紐の長さです。(長いと疲れます)

できるだけランドセルのように肩紐を短くして

カラダに密着して背負いましょう!

 

*背筋を伸ばしてリュックサックを背負いと、

背中や腰に痛みや違和感がある方は

反り腰や骨盤後傾の可能性があります。

また、リュックサックで歩くと疲れやすい方も

無理せず、整形外科医やカイロプラクターにみてもらいましょう!

カラダに楽なリュックも背負い方を覚えるとウォーキングが楽しくなります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>