骨盤後傾による股関節痛

最近、股関節後傾による疾患で来院される方が後を絶ちません。

但し、ご本人たちがその骨盤後傾が気になると思って来院しているわけでは

ないのです。股関節痛・腰痛・膝痛などなど主訴は様々です。

その原因を探ると、「骨盤後傾」の方が本当に多いのです。

なぜでしょうか?

それは座っている時間の長さが一因だと思われます。

長時間座っていれば誰でも姿勢が崩れてきます。

その結果として「骨盤後傾」が身についてしまうのです。

下の写真、電車内なカフェなどでよく見かける姿勢だと思います。

5.1.jpg

この姿勢で足を組んだりしている人が多いと思います。

これらの状態が、骨盤後傾を徐々に進行させているのです。

この状態で長い時間座っていた後など

立ち上がった時に骨盤後傾が修正できないままになってしまい

股関節への癒着やアライメントの崩れが起き

歩く時に股関節の痛みや、もも前の張りや痛みを感じます。

ひどくなると座骨神経痛が発症し、歩行困難になる方も珍しくありません。

 

明日からでも簡単にできるリセット法として

電車の背もたれにお尻を滑らして”骨盤を立てる”

「お尻スリスリ座り」を試してもらえればと思います。

以下の写真のように背もたれにお尻を滑らせるだけです!

是非お試しください!

お尻すりすり座りjpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>