夏休みに思う、村上春樹さんについて

いつかは語りたいと思っていた小説家。

そう、今回は、村上春樹さんについて僕なりの意見や感想を

綴ってみたいと思います。

村上春樹さんの書籍に初めて出会ったのは、大学2年生の時です。

「羊をめぐる冒険」何回読んだことでしょうか?

 

41Ux6j1gKTL._SX345_BO1,204,203,200_

 

 

 

 

 

 

 

その時代の自分にとって、とても魅力的なフレーズが多く

他の書籍も読んでみたくなったことを思い出します。

そして、「風の歌を聴け」など初期の作品を

立て続けに読んだ記憶があります。

 

村上春樹さんの作品は、ほとんど読んでいますが、

なぜか夏休みになると、読みたくなります。

それもプールサイドで、ビールを飲みながらが最高です!

 

IMG_20160820_061859

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜこのシチュエーションがいいのか?自問してみると

きっと別世界に連れってくれるからだと思います。

 

41jc+wlkmNL._SX342_BO1,204,203,200_

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで今年は、「職業としての小説家」

という長編エッセイをチョイスしました。

村上春樹さんご自身のこと、小説のこと

が実直に書かれていて、いつもの村上小説のような、人生の啓蒙本のような

とても興味深い書籍でした。中でも、小説家になろうと決めた

神宮球場の芝生の上で舞い降りてきたというところは

村上さんが、チノパン(バニューダーパンツ)とTシャツで(すべて推測・・)

外野の寝転ぶ情景が目に浮かび、ウキウキした気分になりました。

そうなので。このウキウキ気分を味わうことができるのが

村上春樹さんの作品なのです。

また、村上さんが、小説家になる前に千駄ヶ谷で

バーを開業していたとは、驚きました。(行きたかった・・)

村上さんが店主のバーにもきっと

美味しいオムレツがメニューにあったのでしょうか。

 

ところで、大ベストセラーとなった、ノルウェーの森は、

僕の中ではあまり好きな作品ではありません。

この作品を作る前に、スランプに落ちたのではと

一人で考えておりましたが・・・違ったようです。

 

続きはまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>