むくみの原因〜反張膝(過伸展膝)の女性が多い!

反張膝とは、膝が反りかえり、膝のお皿が

中に入り込むような状態です。

特に痛みがない場合も多く、女性に多い疾患です。

歩いていると、時々膝が反りかえる感覚があります。

 

最近、この反張膝が非常に多いことにびっくりいたします。

症状としては、膝の痛みや違和感はもちろんですが

特に注視したいのは、下肢のむくみです。

この反張膝によるむくみのメカニズムは

膝裏の血管が滞るために起こっていると思われます。

 

その理由は、そもそも後天的に反張膝になる原因が

地面を蹴って正しく歩けていないから膝関節の屈筋群が

使われなくなるからです。(筋収縮・伸張が起こらない)

その代表的な筋群では、腓腹筋、ひらめ筋、膝窩筋です。

特に注視したいのは、ヒラメ筋腱弓部です。

下図にあるように、膝窩筋とヒラメ筋によってできた

通り道を膝窩動脈・静脈が通ります。

ヒラメ筋腱弓

結果、このヒラメ筋腱弓部位においての

動静脈の圧迫などの可能性があるのです。

この膝窩筋やヒラメ筋のリリースは、むくみの改善に繋がります。

施術後(歩行時の違和感なくなる)

また、反張膝は治らないと思われている方が多いのですが

後天性のものであれば、これらの筋群のリリースにより

改善するケースも少なくありません。

結果、夜になるとむずむずして、足を高く上げなくてはいられない人や

仕事をしていると足がだるくて仕方ない人や

歩いてもむくみが取れない人などこの施術により改善する

ケースが多いのです。

反膝be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反膝af

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後、この「反張膝」とむくみの関連性をさらに研究したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>