ドケルバン病による手・腕の痛み 症例報告

ドケルバン病については

 

以前より研究を進めております。

 

(以前の記事:赤ちゃん抱っこで起こる手首の痛み)

 

最近でも数例の患者さんがみえました。

 

共通して言えるのは、手の使い方が原因であること。

 

ドケルb

 

その使い方とは、上の写真のように親指の先を使わずに

 

親指の根元を使って物をつかんだりすることです。

 

ペンや箸、マウスやスマホ、そしてゴルフクラブ

 

全て同様な持ち方をしています。

 

結果、下写真のように短母指屈筋が拘縮してしまい

 

ドケルバン病(長母指伸筋腱の肥厚)の原因になるのです。

 

ドケルB

 

このドケルバン病を治すには、これら拘縮や癒着した筋群を

 

リリースさせることと日頃の指の使い方の修正が大切になります。

 

この患者さんは、数ヶ月前からの親指の痛みから、

 

前腕から肘にかけての痛みと肩周辺にまで及んでいた痛みとしびれ感でした。

 

症状は5回の施術で消失しました。

 

改善後には下写真のように短母指屈筋の腫れも消え、

 

手のひらも大きく開くようになりました。

 

ドケルA

この患者さんからは、「不思議なことに、症状が消えると

教えてもらった正しい指の使い方が自然にできるようになりました!」

とコメント頂きました。

ドケルバン病研究と指の使い方等については、

以下のリンク先を参照にてください。

 

*ペンや箸の持ち方などによる親指の痛み

*ドケルバン研究について

*「ドケルバン病」についての症例報告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>