症例報告:小学生の内股歩行の治療

症例報告:小学生の内股歩行

最近、小学生の内股歩行の患者が多く来院されます。

この子供たちは、足が内股(足首内旋)になって歩行するため

転びやすくなったり、足がびっこになったり

反り腰や下腹が出るぽっこりお腹などの状態に陥っています。

 

原因として考えられるのは

赤ちゃん時代にハイハイをあまりしていない

幼少時代にあまり外で遊んでいない

自宅で座ってゲームなどをすることが多い

床に座ることが多い

ぺちゃんこ座りなどの足を崩した座り方を好む・・・

 

上記のような日常習慣が原因として考えられます。

結果、起こる身体への変化として、全てに共通するのが

骨盤の後傾と足底アーチの落下です。

 

今回のケースは9歳の男の子です。

下の2枚の写真が、治療前の歩行相です。

足首が内旋して、内股で歩くのがわかります。

動画でないので、わかりにくいですが、ふらふら歩いていました。

 

w-b

 

次に3回治療した後の4週間後の歩行相です。

明らかに内股も治り、足首の内旋も収まっています。

また、ふらふら歩いていた弱さがなくなって

しっかり歩いている印象です。

 

w-a

 

この小学生が治療されていたのは、足首の内旋ばかりにとらわれ

整形外科や接骨院などで

その患部(足首)の治療をしていたようです。

当院で治療したのは、骨盤の後傾を矯正し、

その周りの体幹を強化することと、足底アーチの矯正です。

そして「歩き方のトレーニング」を行いました。

4週間後には、だいぶ治り、本人もご両親も大変喜んでくれました。

ご両親は、とても熱心に僕の提案したエクササイズなどを

子供に指導してくれました。

おかげさまで早期に回復方向に向かったと思われます。

 

姿勢は家族で治していくもの、親が姿勢が悪ければ

子供は真似します。親自身がまず姿勢を整え、子供に見本を示し

躾していくことが望まれます。

 

この10歳の小学生は、姿勢が悪く下の写真のように

骨盤を後傾させて座ることが多かったようです。

皆さんもよく見かけると思いますが

ゲームを床でしている姿勢です。

このような姿勢ですと骨盤が後傾します。

首もストレートネックになってしまいます。

img_20160625_180749

 

少し注意するだけで、子供は治すことができます。

ただ継続が難しいので

よく子供達を観察してみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメント

「姿勢の匠」ブログ 11.8 UP 小学生の内股歩行の治療 | KIZUカイロプラクティック にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>