「子供たちの姿勢」をどうにかしないといけない!ジャンプ編

子供の姿勢は、運動時にも影響を及ぼします。

 

前回のブログでご紹介した

 

10歳のトランポリン少女のジャンプです。

 

姿勢が悪い状態でのジャンプでは、

 

床からのベクトルが腰が反る方向に

 

ジャンプしてしまうのです。

 

結果、お腹が出て、腰が反る方向にジャンプしてしまうのです。

 

下のジャンプは2週間後

 

正しい姿勢に修正してからのジャンプです。

 

床からのベクトル(床反発力)が真上に向かっています。

 

 

結果、お腹も出ないし、腰も反らないのです!

 

これはすべての運動に通じると思います。

 

床反発力についてはこちらをご覧ください→抗重力ランニング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>